Bright Red Mother-Bicycle ALBELT is Back !!


by red-chari-albelt
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

蝉が泣く チキショウと


第二十次単位争奪戦争二日目。

どうも、red-chari-albeltです。
某国立高専第5学年学生軍VSチカオニア帝国軍の戦いも、
今日で半分が終了。
4日しか無いって、やっぱり変な感じです。
まぁ単位争奪戦争なんて早く終わるに越したことはありませんけどね。

さて、折り返し地点までやってきた第二十次単位争奪戦争。
本日はの戦いは、
迷宮の如く入り組んだ内部構造に甚大な被害を受けたコーノ工業材料研究所襲撃、
押し寄せる津波から逃げる時間を稼ぐのすら至難だったワルシャワ流体艦隊との海戦、
マッチャキイングリッシュの聞き取りが困難を極めたマッチャキ工作機械化装甲師団との決戦。

初日の破竹の勢いは、工業材料研究所襲撃の失敗により完全に殺がれ、
長大化してしまった前線の後退を食い止めるのがやっとでした。
いや、果たして本当に食いとめられたのか。聊か疑問なくらいです。
8日の最終被害報告(試験返し)が恐ろしい。



早くも進軍の歩みを止めた第5機械化装甲師団。
これを機に一気に畳み掛けんとすチカオニア軍は、
現存最強の2大兵力を送り込んできました。
ブラック司令率いる冷酷かつ残虐なる秘密結社、NETSU機関。
中米から来たりし新たなる機械の侵略者、ロボット帝国。

後期カリキュラム始まって以来の脅威を前に、
第5機械化装甲師団は如何に戦うのでしょうか。
勝つも負けるも勉強次第。我らの命運何処へ往く。
全ては、神のみぞ知る。




某国立高専第5学年学生軍機械化装甲師団第5機械化狙撃連隊隊長の言葉。

「俺、この戦いが終わったら、ダーツに行くんだ。」


今日の献立





今日の一言

──ロッキード社の起こしたピーナッツ事件!──

gin-chari


なん・・・だと・・・?

にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
明日がホンキやべぇ。
クリックお願いします。
[PR]
by red-chari-albelt | 2010-02-03 22:39 | 学業