Bright Red Mother-Bicycle ALBELT is Back !!


by red-chari-albelt
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

一人でできます


エックス!



今日は、ウチに俺のほかに誰もいないということで・・・・・・


アニメ三m


料理しちゃいました!


何を作ったのかというとだね・・・

あつあつグラタン!


しかも!
今日はウチに俺しかいないということで・・・

4人前食べちゃいます!

楽しみだなぁ・・・・と思ってたのも束の間。
redに厳しい現実が襲い掛かった。


これは、欲張りすぎた結果、悲惨な末路をたどった一人の某国立高専生の物語である・・・。








♪タンタンタン タンタンタタタタン

タンタカタカタカタンタンタン


タンタカタカタカタンタンタン


タンタカタカタカタンタンタン


タカタカタッタッタタンタンタン♪
a0065774_2275241.jpg



「4人前~大盛グラタンの伝説~」





諸君、私はグラタンが好きだ。
カレーライスが好きだ。
餃子が好きだ。
冷凍のそば飯が好きだ。
うまい棒が好きだ。
コロッケが好きだ。
生ハムが好きだ。
煮込みラーメンが好きだ
カルピスの原液が好きだ。
豆乳が好きだ。

諸君、私は料理ができない。
これだけ好きなものがあるにもかかわらず、インスタントラーメンと味噌汁とカレーくらいしか作れない。
それゆえ、今回の調理実習が一体どういう結果を迎えるか、まったく想像がつかない。
電子レンジの扉の先には、この世のものとは思えない光景が広がっているかもしれない。
だから、私は君たちに、今日のブログを読むことを強制しない。
一生のトラウマになるようなものを見せたくはないからだ。

・・・それでもいい、それでもいいからグラタンをみたい。

そういうヤツだけ、スクロールバーをもうちょっとだけ下げて、今日の記事を読んでほしい。








まず、選ばれし今宵の犠牲者たちを紹介しよう。
a0065774_2275241.jpg

左上から、
・「しっかり濃厚4.4」400cc  つまり、牛乳である。
・「マ・マーひとつのお鍋でできるたっぷりマカロニグラタン」1箱 マカロニ入りである。
・「モッツァレラミックス」
・「ネオソフト」 これって・・・バター?マーガリン?まあいいや。変わらんだろう。
例の夢の中では4階建て、現実世界では平屋のスーパーのスライスベーコン2枚
・なんか汚らしい玉ねぎ1個
これらのほかに、ダスキンの浄水器で浄水された水道水400ccも使用する。


では、早速調理開始である。

バックグラウンドミュージックは、「○○ハ○○○○鬱」第2~4話である。



まずは、玉ねぎとベーコンを切る。
一瞬玉ねぎをみじん切りにしそうになったが寸前で回避することに成功した。
a0065774_22153194.jpg

こんな感じである。

次に、鍋にサラダ油を敷いて熱し、先ほどの玉ねぎとベーコンを炒める。
本来ならベーコンの代わりに鶏肉を入れるところなのだが、我が家ではベーコンが主流なのでそちらの方を採用した。
a0065774_2217599.jpg

焦げ付かないように。
余談だが、カレーを作る際は、「玉ねぎは消し炭になるまで(誇張表現だらけ)炒めると、うまみが出る」ってテレビに出てたおいしいカレー屋さんのコックが言ってたようなそうでないような。

炒めたら、ここから重要である。決して間違えてはいけない。
いいか?

最初にミックス、

次に水、

そして牛乳、

最後にマカロニ

の順だ。
この順で先ほどのベーコンやら何やらを炒めた鍋に放り込むのだ。
これを間違って、あとで恐ろしいことになり、もしくは処刑されても、当局は一切関知しないからそのつもりで。
すると、こんな感じになる。
a0065774_22193468.jpg

うまさのかけらも持ち合わせていなさそうなディティールである。
まぁ、これからに期待しよう。
こんだけの材料を混ぜたなら、とろみが出るまでひたすらかき混ぜるそうだ。
とろみが出て沸騰したらあと3分煮込むたらなんたら書いてあったが、その辺は臨機応変にやればいいだろう。


a0065774_22263133.jpg

で、これがバターを塗った皿に鍋の内容物を流し込んだ様である。

・・・つまらん。あまりにも無難な出来である。


ちょっと馬鹿騒ぎをしてみようか。
では、チーズを盛り付けてみよう。
a0065774_22391329.jpg


・・・・チーズの層が厚さ5mmくらいになってる・・・。

a0065774_22395928.jpg

横から。
下が見えない・・・。



焼き時間が分からんから適当に設定した。
さぁ逝け!俺の人生初グラタン!レンジを駆けろ!
a0065774_22405776.jpg


Go!




その間、ゴ○○○ハ○トを見て暇をつぶすredであった。
あれぇ、なかなかおもしれぇぞこれ。




そして10分くらい後。
ブザーが鳴る。電子レンジがとまった合図である。
さてその出来は・・・・?
a0065774_22483481.jpg

・・・?焦げ目さんがどこにもいらっしゃらない。

「んー、食っていいものか。
一応、もう一回チンしよう。」
ということで3分ほどチンするも、結局変わらず。
何回チンしても状況変わらず。

結局、諦めた。
妥協した結果がコチラ。
a0065774_2251822.jpg

こんなもんかね・・・。




では、早速この4人前という強大な敵に立ち向かおうではないか。
内心はワクワクしてるんだけど。

始めのうちは「好きなだけ食べても無くならない魅力」
を感じていた。
食い始めてから15分経過。
a0065774_2255996.jpg

幸せだった。
しかし、時間が経つにつれ、その魅力は
「いくら食べても減らない先の見えない恐怖」へと変貌した。
これは、カップメン3個食いの比じゃ無いと、本能が悟っていた。
「へ、へらねぇ・・・・」
a0065774_22561537.jpg

この写真を見て分かるように、皿の大きさは相当巨大である。
コマンドウルウ3体だぜアンタ。

食い始めてから25分。
a0065774_22575681.jpg

10分たってもぜんぜん減らない。

さらに10分。
a0065774_22594627.jpg

・・・減ってんのかコレ・・・。

・・・・・・・・・・・だ、駄目だ・・・・・・・・・・・・・・

a0065774_2301217.jpg





































気がつくと、敵残存兵力は
a0065774_2322779.jpg

ここまで減っていた。
もうひとがんばりである。
吐きそうになるのを耐えながら、懸命にスプーンを口へと運ぶ。
a0065774_2332666.jpg

最後の一口だ・・・・。


2006年11月18日2048時・・・

a0065774_2344896.jpg


「あつあつグラタン4人前」

撃破、


本作戦を終了する。




ハメを外しすぎた・・・。
今日は徹夜でステマニかなぁ。



今日の献立
朝 忘却。
昼 チキンラーメン
晩 本文をご覧ください。


今日の一言

──死して屍拾うものなし。──


人気blogランキングへ
1時間半ほど記事を書き続けた。
クリック頼む。
[PR]
by red-chari-albelt | 2006-11-18 23:16 | アホ以下紅チャリクッキング