Bright Red Mother-Bicycle ALBELT is Back !!


by red-chari-albelt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:チャリンコ伝説( 42 )


雪・・・だと?

どうも、red-chari-albeltです。
今日は企業の課題図書の精読があったのと、
この期に及んで雪が降るとかいうイミフな天気予報に影響されたオカンが、
未だスノータイヤ装備の我が愛車ヴィッツに乗って仕事に行ってしまわれたのとで、
止むに止まれず家にいました。
結局、本当に雪さんお降りになられましたしね。
どーなってんだ、もう4月だぞ。

明日は高専生として自由に使える最後の日なんですが、
明後日の出発に向けての準備とか考えると、
結局何もできなさそうな雰囲気です。
せっかく天気良いみたいなのにもったいないな・・・
あわよくば大観音でも攻めてみようかとも思ったのですが、
どうやら高専生としてでは、
最後まで大観音制覇とは縁が無かったらしいです。



SREと一緒に行った東尋坊の帰りに寄ってみた第一回遠征。
疲弊した体でよくあんな寄り道しましたよね。若かったんだろうなぁ。
廃墟化した温泉施設部の入口から潜入したのはよかったのですが、

境内への道が閉ざされてて大観音を目の前にして涙を呑みました。
僕らの大観音への執着はここから始まりました。


第二回遠征では、境内内への潜入には成功しました。
昔は綺麗だっただろう仏像の数々は、十数年の歳月を経てボロボロになっており、
境内内はいささか廃墟の様相を呈していました。

大観音の胎内に入れるなんて衝撃的な事実が判明したのもこの時でしたね。
工事中かなんかで鍵掛かってましたけど。


そして、第三回遠征。
まさかの暇人参戦という急展開に始まったこの旅は、
紅きママチャリブログ史上屈指の衝撃的な回でした。

大観音を目の前しての道途絶。

カタツムリのミイラ。

ピンピンコロリの会。

稼働中の手水舎。

そして、ついに適った、大観音胎内の潜入。
残念ながら胎内撮影禁止ということで画像データは無いんですが、
大観音頭頂部の部屋に向けて登っていく螺旋階段の寮壁面をぎっしりと埋め尽くした、
あのネームプレート。

こんな感じのが上の方までずーっと続いてるんです。壁一面に。
どっか途中から途切れてたような気がするのですが、
この温泉施設がつぶれずに経営が継続していれば、
73mある大観音の螺旋階段を1番上までこのプレートで埋め尽くす気だったのでしょうか。
あれには少し、背筋が寒くなりましたね。
まあこの後すぐ、噂の螺旋階段を最上階まで一気に駆け上がったので、
一瞬にして熱くなっちゃいましたけどね。

境内内にあった寄せ書きノートみたいなのに描いた落書き。
今思えば全然完遂してませんよね。
温泉入ってないんだから。


そう。
この第3回攻略戦、大観音の地元民であらせられるevo3の
「温泉が復活したらしい」という情報に基づいて企画されたもので、
この遠征の目的は無論、温泉に入ることだったんです。
かつて、ピンピンコロリの会の方々が汗を流した温泉とは、
一体どのようなものであったのか。
そして、ピンピンコロリの会とは一体何だったのか(笑)。
結局、謎のままで終わってしまいましたね。

高専在学中の制覇はかないませんでしたが、
これからだって機会が無いわけではありません。
むしろ、金の余裕が出来てもっと容易になるのではないでしょうか。
SREが県内組だったのは本当によかった。
ゴールデンウィークあたりにちょっくら攻めてみようか?SREよ。

以上、完全に走馬灯モードのred-chari-albeltでした。




今日の献立





今日の一言

──略。──


にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
最後に3冠できるかな・・・?ちょっと狙ってみたいところですけど。
クリックお願いします。
[PR]
by red-chari-albelt | 2010-03-29 23:05 | チャリンコ伝説

~前回までのあらすじ~

伝説のゴールドテンプルを制覇した某国立高専チャリンコ愚連隊陸上チーム。
しかし、redの体調不良は悪化の一途を辿る・・・
まさかの展開でFE親戚宅に泊まらせていただけることになった一行であるが、
果たしてredの体調は回復するのか!
二日間病人と一緒にいたFEに風邪は移っていないのか!
どうなる某国立高専チャリンコ愚連隊!
がんばれ某国立高専チャリンコ愚連隊!




どうも、red-chari-albeltです。
本日は完結編、第三部をお送りいたします。

NikonFE何か語ろう&紅きママチャリREDアルベルト・リローデッド合同企画

「悪し日旅立ち 京都・キョウト・きょうと~一都物語~」


最終章「ミッドナイト・バイシクル」、開演で御座い。

最終編
[PR]
by red-chari-albelt | 2009-09-28 23:01 | チャリンコ伝説

~前回までのあらすじ~

300キロもの道のりを越え、なんとか京都に辿りついた某国立高専チャリンコ愚連隊陸上チーム。
しかし、redは倒れ、駐車場もなく、彼らはいきなり危機に陥る。
なんとかFEの起点により危機を脱し、最初の寝床を確保するも、
初日は愛車を組み立てることすらなく終わってしまう。
どうなる某国立高専チャリンコ愚連隊!
がんばれ某国立高専チャリンコ愚連隊!





どうも、red-chari-albeltです。
そんなわけでお待たせしました、

a0065774_227980.jpg


NikonFE何か語ろう&紅きママチャリREDアルベルト・リローデッド合同企画

「悪し日旅立ち 京都・キョウト・きょうと~一都物語~」


第二章「きらめく涙は嘔吐」、開演で御座い。

第二章
[PR]
by red-chari-albelt | 2009-09-27 23:28 | チャリンコ伝説

どうも、red-chari-albeltです。
某国立高専5Mの皆様が『いつき家秋の収穫祭』という名の恒例の宴会騒ぎをしている中、
ほぼ毎回参加していた僕が一人、こうして我が家でキーボード打ってるってのは、
我ながら妙な気分であり、寂しくもあります。
ホントは参加したかったのですが、京都からの一連の疲労が蓄積して体力がもう・・・
また次の機会にでも混ぜてくださいね。



そんなわけで。

読者諸君、長らく待たせてしまって申し訳なかった。
いよいよ本日より、
我が神聖なるBBQへの不参加の遠因となり、
また、その旅路の中でも私を苦しめて止まなかった、
忌々しき京都での日々の報告を始めたいと思う。
全三部作と少々長くなる予定だが、
是非とも最後までお付き合い願いたい。


NikonFE何か語ろう&紅きママチャリREDアルベルト・リローデッド合同企画

「悪し日旅立ち 京都・キョウト・きょうと~一都物語~」


第一章「京都訪ねて300km」、開演で御座い。

第一部
[PR]
by red-chari-albelt | 2009-09-26 23:45 | チャリンコ伝説

僕らのエース


──デュラエース。

それは世界最大の自転車部品メーカーシマノが誇る、
同社の最高級グレードのパーツである!


どうも、red-chari-albeltです。
ここんとこココちゃんが勝手にギアチェンするから変だなと思ってたら、

a0065774_22535455.jpg


こんなとんでもないことになってました。
これはやべぇ・・・よく走ったもんだ。
外すのに工具使いませんでしたよ。
なんてこった。

そんなわけでさすがにあり得ない状態なので、急きょチェーン購入した次第であります。
これがまた、ココちゃん初のデュラエース装備なんですよ。
ちなみにこれまでのメインコンポはティアグラ。
グレード的には下から2番目のヤツです。
そ、それでも結構な値段するんですからね!
ちなみに全パーツをデュラエースにしようとしたらとんでもない費用がかかっちまうので、
今回は残念ながらチェーンだけです。



a0065774_22555243.jpg


DURA-ACEですよ!
変にテンションが上がっちまうのは僕がシロウトだからでしょうか。
ちなみに2700円くらいでした。あんまり高くないんです。


a0065774_225941.jpg


燦然と輝くDURA-ACEの文字。
嗚呼、買ってよかった。


この後、取り付けミスってかなりヒヤッとしたんですが、
なんとかなって現在を迎えます。
誤魔化し気味ですが。
走行中にチェーンが切れるなんてことにならなけりゃいいのですけど・・・


以上、今日の授業は必死に耐えた甲斐なく半分くらい寝てたred-chari-albeltでした。





今日の献立





今日の・・・なんかあったっけ?



にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
ジワジワとポイント上昇してきました・・・ありがとうごぜーます。
どんどんクリックどーぞ。お好きなだけ。
[PR]
by red-chari-albelt | 2009-04-10 23:15 | チャリンコ伝説

宣戦布告


旅に出ようかと思います。

どうも、red-chari-albeltです。
なんか最近旅に出るのが流行ってるみたいなんで・・・
明日早朝より、ココちゃんとともにT山遠征を予定しています。
なんとかWBCまでに帰還は・・・無理だろうな・・・。



では、そろそろ(主に睡眠的な意味で)準備しようかと思いますので、
今日はここまで。




今日の献立





今日の上映作品

ビバリーヒルズコップ

ついにドンパチドカーンなアクション映画に手を出してしまった・・・


にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
クリックオネガイシマス・・・なんて言えるほど更新してませんね。
[PR]
by red-chari-albelt | 2009-03-17 20:37 | チャリンコ伝説

パンクという名の悪夢



こ、腰が・・・


どうも、red-chari-albeltです。
たった今、ミミカ家より帰還しました。



バイト中のミミカの一言がきっかけでした。

「red、パンク直せる?」

おうよ、ヨユーだぜ、オレを誰だと思ってやがる。
何回かココちゃんでのパンク修理の経験があったので、
勤務後にミミカ家へ赴いて修理することになりました。

しんしんと降る雪の中チャリを走らせ、ミミカ家にたどり着いたのは午後8時30分。
時間も遅いので、すぐ作業開始です。
パンク修理なんてそんな難しいものではないので、
せいぜい30分、長くても1時間くらいで終わるだろうと見当をつけてとりかかったのですが、
この寒さでタイヤが縮んだらしく、これがなかなか外れないんです。
数十分にも及ぶ格闘の末、なんとかこれを外し、中からチューブを出すことに成功しました。
ミミカに持ってきてもらったお湯にチューブをつけて空気を入れ、パンク箇所を見つけ、
百均で買ったパンク修理セットを使って即修理。
また数十分にも及ぶ格闘を繰り広げてタイヤとチューブをリムにはめ、完成。
このときすでに9時20分を回っていました。

「お疲れ様でした!予想外にかかっちまったけど!」

「お疲れ!じゃあ早速空気入れようぜ!」


ミミカの屈伸運動に伴い、タイヤがどんどん膨らんでいきます。
やったね!成功だ!プシュー・・・
もう俺にかかればパンク修理なんか・・・

「え?プシュー?」

嗚呼、なんということでしょう。
無常にもミミカ'sママチャリの後輪は、
非常にゆっくりとではありますが、確実にしぼんでいたのです。

「あ、ああぁ・・・・・・」

「つ、次こそは!」


途中、ミミカが持ってきてくれたハロゲンヒーターの影響でしょうか、
2回目のタイヤ取り外し作業は非常にスムーズに進み、
あっという間にパンク箇所の確認作業です。

「どこがダメだったんだろう・・・」

「直したところだったら笑えるな。」


手始めに修理箇所を水につけ、空気を入れてみます。
ミミカの屈伸運動に伴って、チューブはふくらみ・・・

そして気泡が噴出しました。

・・・。

「なんてこった・・・」

「・・・。」


もう1回!もう1回だミミカ!

必死でチューブにヤスリをかけ、
ゴムのりを塗りたくり、
慎重にシートを貼り付け、
金槌でひたすら叩く。

たったこれだけの作業なのですが、僕は今日1番のプレッシャーを感じていました。

(これでダメなら・・・面目丸つぶれだ!)


全身全霊の作業。
もう失敗は許されません。
極限まで精神をすり減らし、ひたすらチューブと向き合いました。

そして、数えるのもバカらしいほどの時が経った後、やっと、作業を終了。
ずっとしゃがんでいたため、足腰はとっくに限界突破。
ハロゲンヒーターがあったとはいえ、半分屋外状態のガレージで作業したため、ヒジョーに寒い。
僕の体はすでにいっぱいいっぱいでした。
もうムリっす。ホントムリっす。
祈るように、水付け試験を行いました。
そして・・・

そして気泡は・・・出なかった!

よし!良し!ヨシ!
早速タイヤとチューブをリムに取り付け、手加減気味に空気を入れて安全を確信。
こうして、2時間以上に及んだパンク修理との戦いが、幕を閉じました。
帰宅時にミミカ'sマザーが報酬に2000円もくださったのには、
驚き・感謝とともに罪悪感がこみ上げてたのはヒミツです。
だって、パンク修理って1500円くらいですよね・・?


ってなわけで、帰ってきたのがつい50分ほど前なんです。
もう、なんかいろいろ限界です。
こんな感じで許してください。
どうも、red-chari-albeltでした。
某国立高専生待望の「ダブルポケモンマスター、世紀の大決戦!」は、
明日お送りいたします。
お見逃し無く。



にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
昨日はすんませんでした・・・
また、ぜひともクリックオネガイシマス。
[PR]
by red-chari-albelt | 2009-01-24 23:42 | チャリンコ伝説

ココちゃん痛チャリ計画。

どうも、red-chari-albeltです。
痛チャリって・・・ご存じないですよね?
知ってる人は知ってるんですが・・・。
知らない方は、まずこちらをどーぞ。

・・・はい、まあ、そーゆーもんがこの世にはあるわけですよ。
日本って、案外広いんですね。ハハ。
「楽しけりゃいい」
を体言したようなもんですか。


しかし。
ほとんど骨だけみたいな構造の自転車に、
そーゆー改造を施そうという発想がまず間違いだと思うんです。
空力向上用のホイールキャップとでもいいましょうか、
ホイール全体を覆うカバーみたいなのがあるんですけれども、
それを装備して平面の面積を無理やり広げるのも手ではありますが、
あれって安く無いですよね。
まあ、痛車にしろ痛チャリにしろ、
極めようと思ったらそれこそ際限無く金がかかるので、
オーナーの方々はまず金持ちでしょうから、
その程度の出費はクソみたいなもんなんでしょうけど。


・・・そんな、神をも恐れぬ二次元バイク化計画こそが、
我が愛車ココちゃんに忍び寄る魔手の正体なのであります。
・・・ちょ!
待ってくださいよ!
そんなに退かないでくださいよ!
別に僕がやろうとしてるわけではないですよ!
ウチのクラスの一部の人間が勝手なこと言ってるだけなんです!
僕は悪くないんです!
むしろ被害者なんです!


ハァ。
なんか疲れた。
もしかして、ちょっと期待した人もいました?
そいつは申し訳ない・・・でも痛チャリはお断りだ。

・・・代わりと言っては何ですが、痛チャリ計画とは別口で、
新チャリ建造を現在計画しておるのです。
目標は

超軽量ココちゃん。

フロントサス・ディスクブレーキを装備し、
尚且つコンポーネントは最低105で、
完成車重量10kgを切り、
予算は30万程度。
そんなチャリ。

金も技術も見通しも無い自分ですが、
これから勉強を重ねて、できれば高専卒業までには完成させたいと考えております。
応援よろしく!

以上、勉強の手始めにサイクルスポーツを毎月購入しようと決意した、
red-chari-albeltでした。





今日の献立





今日の一言

──ザウルス!──

Under the tree


・・・某天空の城の滅びの言葉だそうです。
あれ?


にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
ここに宣言しましょう。
週間10000ポイント逝ったらココちゃんを痛チャリにすると。
適度にクリックオネガイシマス。
[PR]
by red-chari-albelt | 2009-01-20 22:43 | チャリンコ伝説

2度あることは3度ある


なんだか無性にチャリに乗りたくなり、
red-chariのアタマの中がチャリでいっぱいになったのは今日のお昼ごろ。
その後の実験の授業を、バケツで水汲みだけやって適当に切り抜け、電光石火の如く帰宅。
この時点で時計は午後4時を指していました。
彼の家の晩飯は大体7:30~8:30くらいに始まりますから、
3時間以上の余裕があることになります。
3時間あれば、M任のジ〇スコまで往復が出来ますし、
県庁近くの某スポーツ用品店まで十分に遊びに行けますし、
先日オープンした大型ショッピングモールだと2時間以上ブラブラしても帰って来られます。
某国立高専生御用達の地獄の7kmコースならば12周くらいはイケる計算になります。
・・・やりませんけど。1周でもう死んでじまう。




さあ!
フツーに考えれば、帰宅後直ちに準備を整え、ココちゃんに跨り、
外に飛び出しているんでしょうが。
そこで何をトチ狂ったかたred-chari、
「弟があまりにも勉強しないから」という理由で一時撤去されるという憂き目に遭いつつも、
不死鳥の如く復帰したコタツに入ってしまったのであります。
こうなったらもうおしまいだ。
コタツの放つ妖艶なる魔力の虜となってしまったred-chariは、
愚かにもそのままスリーピングタイムへ突入。
彼が寝ていたのはほんの1時間弱程度の時間でありましたが、
冬至がもう目の前に迫った今日、夕方5時であろうと外の暗さは最早口外に及ばず、
そんな状態から、暖かいコタツを捨てて外に飛び出そうなんて輩が、
地球上に一体どれだけいることか。
この哀れな紅い高専生もまた例にもれず、当初の予定を挫折したのであります。



そんなバカを突如襲う猛烈な空腹。
その苦しみは言語を絶し、深海より深く、チョモランマより高く険しいものでありました。
飢え・・・というより、これはもう飢餓です。ヤバイ。
「飯はまだなのか・・・?」
悲痛な声で尋ねるred-chari。
「7時半くらい。」
答える母の言葉。
すかさず時計に目をやるred-chariでありましたが、
現実とはかくも残酷か、その2本の針が示す時刻が母の語った時刻に達するには、
長針が少なくとも1周半は廻る必要がありました。



無残にも打ち砕かれた希望を前に、彼の中で何かが切れました。
少しでも空腹を紛らわすためには・・・

「動くしかない・・・」

とあるクラスメートをして

「redは”ほのお”と”かくとう”タイプだな」

と言わしめたその単純かつ燃え上がりやすい冷静さを欠きに欠いた頭脳は、
瞬時にそのように結論付けたのであります。
厚着に着替え、財布だけ仕舞った鞄を肩に下げ、ニット帽をかぶった彼は、
『最高のパートナー』ココちゃんとともに、極寒の屋外へと飛び出しました。

彼が目指したのは

近所かつ、
それなりの運動量を確保でき、
走っていて飽きない、


そんな場所。

この町に、たった一つ。たった一つだけ、これだけの条件を満たす場所があるんです。

7kmコース・・・

「フッ・・・」
自嘲気味に笑うred-chari。
彼自身、「一周で死んでしまう」と忌み嫌う道ではありましたが、
どうやら、彼の自転車人生と7kmコースは切っても切れない関係があるようです。

「こうなったらとことん逝ってやらああ!」

リーダーと呼ばれた男の挑戦が始まりました。


~1周目~

まだ多分に残る脚力をフルに活用し、早々に地獄の坂を登り切るred-chari。
その後の平地ゾーンも難なくクリアし、無事高専校門前まで帰還。

残存体力:40%
身体異常:無し

あれ?体力の減りがおかしいぞ?



~2週目~

・・・何かがおかしい。腰が悲鳴を上げている。
足が動かない。1周目と同じギアで坂を登れない。
最も軽いギアでなんとか切り抜け、命からがら校門前に。

残存体力:20%
身体異常:腰痛

これ・・・無理じゃね?



~3周目~

コレイジョウハムリダ。


残存体力:3%
身体異常:腰痛

ゲハ・・・よく戻ってきた・・・



以上、空腹を紛らわすために逝ったら、食欲が失せたred-chari-albeltでした。



今日の献立





今日の一言

──みんながポケモンマスター。──



今、我がクラスは空前のポケモンブームです。
何故に・・・?


にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
おお・・・クリックオネガイシマス・・・
[PR]
by red-chari-albelt | 2008-12-19 23:46 | チャリンコ伝説

峠を攻める

H畑さんと一緒にチャリの朝練に行きました。
どうも、red-chari-albeltです。
某チャリ屋での朝練に嫌気が差したH畑さんと、
なんでもいいから運動したかったred-chariの利害が一致し、
今回の企画が見事実現しました。
朝7時出発、片道15kmの走行距離30kmのコースを走る予定でありました。
H畑さん曰く
「上ったり下ったりが多い」コース。

チャリ的な意味でも本体的な意味でも、重量的な問題から上り坂が大嫌いな僕にとって、
「いきなりハードすぎるんじゃないか」って思いながら相当ビビって挑みました。
ああ怖かった。おっかなかった。
最初が比較的のんびり目の勾配だったもんだから、後先考えずにスピードを上げた僕。
ですが、すぐにその己の選択を呪うことになりました。

「・・・この坂はいつまで続くんだ?」

「アップダウンが多め」と聞いていたはずのコースは、
「アップだけ」なコースだったのです。
おかげで峠の頂上に着くまでにとんでもない目にありました。

・・・が、その分、下りでの爽快感は最高でした。
皆さんにもぜひ味わってもらいたいもんです。
最近、ココちゃんのスピードメーターが壊れていて速度が分からないため、
下りで無理に加速することはしませんでしたが、
あの様子だと下手したら65km/h越えくらいで走れたかもしれません。
ホント惜しいことをしました・・・
常にチャリの状態はベストで保っておかねばならないってことですね・・・


ある程度まで下ったところで、H畑さんが言いました。
「これ以上降りても仕方なくね?」
・・・言われてみれば、すでに県境を越え隣の県までやってきていましたし、
予想外に辛かった上りに2人とも疲労困憊でありました。
これ以上下れば、その分折り返し時に登らなければならない距離が増えるわけでして・・・
アワアワ・・・そんなことになったら帰れなくなるかも分らん。
その場で休憩をとって、折り返すことになりました。

a0065774_073463.jpg

H畑's チャリ。
a0065774_074767.jpg

2台の愛車たち。


10分ほどでしょうか、グダグダと駄弁ったのち、復路がスタート。
往路の時とは違い、坂の一番麓から登るわけではなかったので。
比較的楽に(それでも辛いもんは辛いんですが)登りきれました。

まさに心臓破りの坂だったあの上りは・・・
下りなるともう、もうなんといいますか・・・
マジでOverDriveな気分でした。


結局、往路で下る距離を減らした分、30kmという目標からは程遠い、
22kmという走行距離で終了した今回のアタック。
今回は今後の朝練の参考という意味合いが強い企画でして、
案の定、これから朝練するにあたっての問題点がいくつもでてきました。
中でも1番の問題だったのは、
寒い時期に行くには辛いコース
だということ。


ってなわけで、
「暖かくなったら行こうぜ・・・」
ということで決着しました。
つまり・・・
春まで行かないでしょうねぇ・・・

以上、三日坊主ならぬ1日坊主なred-chari-albeltでした。




今日の献立








今日の一言

──あのクソアマ早くなんとかしてくれ・・・──

red




にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
やっぱり3冠中です。ありがとうございます。
クリックお願いします!
[PR]
by red-chari-albelt | 2008-10-18 23:56 | チャリンコ伝説