Bright Red Mother-Bicycle ALBELT is Back !!


by red-chari-albelt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

barefoot


気がつきゃもう14日。

どうも、red-chari-albeltです。
終戦記念日が明日と迫った今日、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
つい半世紀とちょっと前まで、
世界中の名だたる大国と国がひっくり返る寸前まで争ってたなんて、
一日中昼寝かゲームしながらひっくり返ってるしか能がない兄弟たちを見てると、
ちょっと信じられません。


そういえば今朝、妹がBSアニメ特選かなんかでしょう、
戦争の悲惨さを子供たちに伝える系のアニメを見ていました。
この時期になると多いですよね。
僕も、子供ながらに何だろうがアニメやってると知れば、
本能的に体が動いてそれにチャンネル合わせたもんですが、
実際やってるのは、

ゲンとか対馬丸とか火垂るの墓とか・・・

死にたくなります。
特に火垂るの墓なんかもう大っ嫌いですよ。
面白くないとか、映画に問題があるとか、
そんな理由ではないのです。
超個人的かつ家庭内的な理由で。

節子が妹に似過ぎている・・・

性格?
真逆もいいとこですよ。
一周回って戻ってきて正反対。540°くらい。
外見的な話です。
つまり、我が家であてはめれば、節子のポジションが愚妹とすると、

清太が俺に・・・

こともあろうか、何かあるたびに節子が妹とダブるんです。
ああ、ヤバイ。ダメだ。もうダメだ。しにたい。
節子や、俺はそんな立派な兄貴じゃないんだよ・・・
やめてくれ・・・おはじきとかドロップとか言わないで・・・




さて。
そんな暗くて悲惨であんまり見たくない戦争アニメの中で、
変な意味で記憶に残ってるものがあります。
それは、

はだしのゲンっぽい他の誰か。

ゲンのそっくりさんが出てるけど・・・どうやらゲンでは無いらしい。
そんな映画。
親戚んちに遊びに行った時にチラッと見ただけなので、
記憶違いの可能性は大いにあります。
でもゲンみたいな別の何かがいたのは間違いないんです。
この映画がゲンと致命的に違う点は、

舞台が長崎

ということ。
ストーリーの本筋が、ホントに長崎で展開されていたのかどうか、
今となっては知る術はありません。
ですが、あの日見た、あの場面では、どのような方法だったかは覚えていませんが、
そこが長崎であるという描写がありました。
ゲンっぽい彼がゲンではないと判断したのも、
彼の苗字が中岡じゃなかったのが理由ですから、
少なくともはだしのゲンでは無いはずなんです。

ですがね。
ここまで書いておいてアレなんですが、
先述のとおり、何分10年も前一瞬の記憶です。
こんなもんの信憑性を信じる方がおかしいです。
気が狂っとると言われても反論できません。
実際、調べてもそれっぽい映画は存在しません。
テレビスペシャルとかだったら話は別かも分りませんが・・・

ただ、実際に存在するのであれば、
広島を題材にした作品が多数を占める中、数少ない長崎の映像作品ですので、
もう一度、今度はじっくり目を通してみたいですね。

以上、明日は5時起き(予定)で墓参りの、red-chari-albeltでした。





今日の献立





今日の一言

──なんもないっす。──

平和な一日でした。


にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
久しぶりにまともな長文を書いたような・・・
クリックお願いします。
[PR]
by red-chari-albelt | 2009-08-14 22:40 |