Bright Red Mother-Bicycle ALBELT is Back !!


by red-chari-albelt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

何ニモカテズ 


雨ニモカテズ
風ニモカテズ
雪ニモ夏ノ暑サニモカテヌ
ヒ弱ナカラダヲモチ
慾ダラケ
驕リ昂ブリ
イツモオオキナコエデワラツテイル
一日ニポテチ四袋ト
肉ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲ中心ニカンガエ
ヨクミキキモセズ
ソシテワスレル
トアル町ノパチンコヤノ蔭ノ
煉瓦ノ床暖ツキノイエニイテ
東ニ病気ノ子供アレバ
行ツテゲラゲラ笑ツテヤリ
西ニ疲レタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ワセ
南ニ死ニソウナ人アレバ
死ハコワイゾトイヒ
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
オモシロイゾモツトヤレトイヒ
ヒデリノトキハ水ヲモトメテアバレマワリ
サムサノナツハナニモセズ
ミンナニ神サマトアガメラレ
ホメラレ
タヨリニサレ
サウイウモノニ
ワタシハナリタイ



なんという愚かしさ・・・
どうも、red-chari-albeltです。
昔、考えた詩が出てきました。
もうなんか死ねばいいと思います、僕なんて。





さて。
今日のバイト帰りでの出来事。
「ちょー寒い・・・」
「俺2枚着てないからやべぇよ・・・」
「俺も似たようなもんだ・・・」

バイトの同僚ミミカと、こんな会話を交わしながら家に向かって自転車を走らせていたときのこと。
後ろから車のヘッドライトが我々を照らしました。
「お、車来たぞ」
「りょーかい」

道のド真ん中を並列走行していた我々は、それぞれ道の両脇に逸れました。
・・・いや、逸れようとしました。

ミミカのチャリがちょっとした段差に引っ掛かり、
その拍子に彼のチャリの籠から彼の買ったお菓子が飛び出してしまったのです。
飛び出したお菓子は、車道のド真ん中に落ち・・・

「ひゃあああ!」
「やめろぉ!」


パンッ!



哀れにも車の左前輪の軌跡上に落ちてしまったお菓子は、
車のタイヤの下敷きになったのであります。


「・・・・・・」
「・・・・・・」


言葉を失う二人。
ミミカが拾い上げて見ると・・・
a0065774_2223692.jpg


案の定、粉砕でした。
文字通りの粉砕です。
それはもう見事なまでの粉砕でありました。



ミミカのポテトフライの冥福を祈るため、皆さんもぜひ、1分間の黙とうにご協力ください。
どうも、red-chari-albeltでした。





今日の献立





今日の一言

──こうなったら他のポテトフライも全部粉にして食ってやる!──

ミミカ


・・・お前は逞しいな。


にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
毎度クリックありがとうございます。感謝感激雨あられでございます。
今日もどうか貴方様の人差し指のお力を私めにお貸しくださいますようお願い申し上げます。
[PR]
by red-chari-albelt | 2008-10-14 22:12 |