Bright Red Mother-Bicycle ALBELT is Back !!


by red-chari-albelt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

超ネタバレしてぇ。


どうも、red-chari-albeltです。
ここ2日、バイトで全く勉強しなかったもんだから宿題の進行具合がおぞましい感じです。
さすがに明日はバイトがないので学校行って勉強しようかと思っちょります。
学校組のみなさんどうぞよろしくしてやってくださいな。

・・・ところで、
やっぱり遊戯王持参してやってるんですか?




さて。
a0065774_2252554.jpg

ハリー・ポッターシリーズの最終巻、「ハリー・ポッターと死の秘宝」が発売されました。
パチパチパチ。おめでとうございます。
こいつぁめでたいです。
我が家にハリーがやってきたのは僕が小学校6年の時でした。
「賢者の石」と「秘密の部屋」の2巻セットが、44オートマグのエアガンと共に
サンタさんのソリに乗ってきたのです。なんつー組み合わせだ・・・
あれから7年ですか・・・長かったですね。
我が家では主にが完結を心待ちにしていました。

アフォな妹もハリーは大好きで、暇があれば映画のVHSやDVDを見ていますが、
「そんなに好きなら本読めば?」といくら勧めても
「本は絶対に読まない」と聞きません。
まぁ、日本語吹き替え版を日本語字幕で見るようなアフォですからね・・・
本なんぞ読めないのかもしれません。
文字文化があるのかどうかすら怪しい感じです。
彼女の中のハリー・ポッターは、「氏の悲報死の秘宝」が映画化されるまで終わらないでしょう。
一体何年後になることやら・・・



・・・え?僕ですか。
僕は妹よりタチが悪いですよ。
アズカバンの囚人くらいで完全に飽きてしまい
なんとか惰性で読んだのが不死鳥の騎士団までですので、僕の中のハリーはそこで時間が止まってます。
これからも読む予定はこれっぽっちもありませんので、
僕の中のハリーはまさにネバーエンディングストーリー

作者のJ・K・ローリングさんが一連のハリー・ポッターシリーズで最初に書きあげたのは、
最終巻の最終章だったといいます。
そこから6000ページ近く(日本語版)にも及ぶ壮大なストーリーを書き始めたのですから凄いもんです。
今日、母がこの本を買ってきて、最初に封を切ったのは僕でした。
真っ先に書きあがったという最終章を皆さんに読み聞かせするためだったのですが、
何故だか母の必死の抵抗に遭い
結局自分一人で最終章を鑑賞することになってしまいました。
残念です。とても残念です。この感動を皆で分かち合いたかった・・・

・・・ん?
だったら、一応目を通したんだから、僕の中のハリーも完結したことになるんでしょうか。
間を壮大にすっ飛ばしてますけど。
どうも、red-chari-albeltでした。




今日の献立





今日の一言

──あんた!それ以上やるとホントに怒るよ?──



どうしてそんなにお怒りなんです?母上。
僕はただハリーの感動を皆で分かち合おうと・・・


にほんブログ村 高専生

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
いつの間にか2位が入れ替わってる・・・1位もそうならないように願いたいです。
みなさんご協力お願いします。クリックプリーズ!
[PR]
by red-chari-albelt | 2008-07-24 23:20 |