Bright Red Mother-Bicycle ALBELT is Back !!


by red-chari-albelt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あゝひめゆりの塔

今、BSで、ひめゆり学徒隊の映画やってます。
吉永小百合のヤツ。
どうも、rec-chari-albeltです。
見てたんですよこれ。

主人公の親ってのが、小学校(国民学校かな)の先生なんですよ。
んで、まあひめゆりの映画ですから、舞台は沖縄。
戦況がだんだん危うくなってきて、小学生は本土に疎開することになりました。
疎開船で。
聡明な方ならもうオチが読めたかもしれません・・・

俺がふとつぶやきました。
俺「まさか対馬丸じゃなかろうな。」
母「それって沈んじゃうとか?」
俺「はい、残念ながら米の潜水艦に・・・」


その時テレビから聞こえてきた声。
男A「疎開船の名前はなんていうんだ!?」
男B「なんでも対馬丸とかいうらしいぞ」

そうっすか・・・
で、でも、この時に沈められたわけではないかもしれないし・・・

その時テレビから聞こえてきた声。
憲兵「よく聴け!
対馬丸が米軍に撃沈されたという話があるが、それは敵の策略であって・・・」

そうかそうか悲しい予想は当たってしまったか・・・
疎開船の子供たちが出港時に唄った童謡「ふるさと」が涙を誘いました。


しかしまぁ、
日本の軍艦の船長が沈んだ敵艦の乗組員を救助したなんていう話もあるのにひどいもんです。
まあ日本側が米軍みたいなことを全くしなかったかつったらそうではないでしょうけど。
戦争って、難しいです・・・



とまあ続き見てくるので今日はココまでで・・・



※23:12追記。

見終わりました。
なんだこの脱力感。
悲しさのあまりすべてのやる気がうせました。
テレビの前で「死ぬな~!」と俺が叫ぶたびにものすごい勢いで人が・・・
戦争なんかやっちゃあかんと切実に思いました。




人気blogランキングへ

[PR]
by red-chari-albelt | 2007-08-14 22:20 |