Bright Red Mother-Bicycle ALBELT is Back !!


by red-chari-albelt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Running in the snow


今日も引っ切り無しに雪でした。

どうも、red-chari-albeltです。
なんなんでしょうかこの異常気象は。
おかげさまで外出できない日々が続いております。



今ぱっと見たところ、積雪5センチってところでしょうか。
ウチはどちらかというと雪国に属するほうだと思うので、大したこと無いっちゃあ無いんでしょうが。
3月のアタマまで雪降らなかったらさすがに覚悟してなかったのでしょう。
百戦錬磨の我が県民もちょっと困ってるみたいです。
普通ここまできたらスノータイヤなんか付けませんものね・・・。


ウチは付けてるみたいですが。

別に面倒くさがりというわけではないんですよ?(たぶん・・・)
ただ、これは父の経験から来るものなんです。


父が大学受験をしたのはまさに学生運動真っ只中の時期でした。
今から・・・云十年前ですか。年バレますね。
その大学の試験が3月は20日にあったそうです。
もうほとんど4月ですから暖かいものだと思いますよね?
いえいえ地球はそんなに人類に甘くない。

雪の降りしきる日だったそうで。

受験生かわいそうです。
もっとかわいそうなことに、試験会場ってのが某公立高校だったんですけど、ろくに暖房設備が整っていなかったので

寒いのなんの。

今じゃあ考えられないような環境です。
ゆとり世代の我々じゃあ耐えられないでしょうね。

というわけで、

「20日になっても雪は降る」

という持論を持ってた父およびそれに影響されていた母は、未だにスノータイヤ装備してて助かった、というわけです。



今日は、ココまで。
なんですけど、なんか内容が少ないのでおまけの話をします。


おまけ話①

GWに雪が降った

こともあるそうです。しかもこの15年くらいの間に。

ちょうど父は市内まで飲みに行った帰り。
代行で帰ってたそうです。
運転手が一面ビッシリの雪にビビってしまってぜんぜんスピードを出さなかったそうです。
業を煮やした父が「大丈夫だ」と運転手に伝えます。

・・・その年に限って、

GWにもかかわらず
スノータイヤ装備


だったそうで。
相当驚かれたそうな。




おまけ話②

無事に大学へ合格した父。しかし、入学式当日、

校門の前でタイヤが焼かれていた

くらい荒れてたみたいです。学生運動で。
学校はそのままず~っと休講。
半年くらい図書館に通い詰めて勉強してたそうです。
キョーレツですねぇ・・・。




今日の献立

朝 味噌汁 ご飯
昼 カップヌードルカレー
晩 ぜんまいの煮物 味噌汁 ご飯



今日の一言

──じゃあこれから兄ちゃんのこと「兄者」って呼ぶわ。──

My Sister




人気blogランキングへ
まさかステマニ譜面の反響がまったく無いとは思いもしませんでした。
ショックです。
しばらく何も公開しません。どうせ誰も期待していないでしょう。
クリックよろしく・・・
[PR]
by red-chari-albelt | 2007-03-08 23:29 |